アイルランドの世界旅行#ランドマークの流産国民投票のホームトレード

ロサンゼルス、シドニー、ブエノスアイレス、トロント、ストックホルム、ロンドンから、彼らの国を分裂させた画期的な国民投票で彼らの発言をしている。

アイルランドは、母親と胎児が同等の人権を持っているとの憲法修正第8条を廃止するかどうかについて、金曜日に投票する。
'アイルランドの中絶が起こる。 アイルランドの土壌では起こりません。
‘アイルランドの中絶が起こる。彼らはちょうどアイルランドの土壌で起こらない ‘
はいが勝った場合、アイルランドは妊娠12週間までの終結を可能にする法律を制定することが期待されています。投票なしの場合、アイルランドの中絶法が制定されます。
アイリッシュ・ディアスポラの男性と女性、そして議論の両面で、空港、飛行機、車、電車の写真や物語をハッシュタグ#HomeToVoteの下でソーシャルメディアに紹介しています。
イエス・ヴォーサーのローリン・キャニー(Lauryn Canny)は、パスポートと搭乗券の写真を「リピール」のスエットシャツを着た別の写真と共にツイッターで撮った。”私は#HomeToVoteに来る!LAからダブリンへ5,169マイルを移動し、自分の国で利用できるはずのヘルスケアにアクセスするために旅行しなければならなかったすべてのアイルランドの女性を考えているだろう。
トロントから旅行をしたフィア氏は、国民投票日が発表された後、トロントから帰ってきた飛行機を「約25秒」で予約したとツイートした。アイルランドの女性たちは、より良いと思う」と彼女は書いている。「いろいろな女性に、第8回修正の影響を受け続ける。

アリスマーフィー氏のように、旅に出ることはできないが、英国のアイルランドの有権者には、お金を払って苦労していた航空便の代金を支払うように言われた人もいた。
別のアイルランドの有権者は、ベトナムから戻ってきた彼女の「拒絶」スウェットシャツをどうやって忘れてしまったのかツイートしたが、彼女の両親はダブリン空港に現れ、彼女の代わりになった
投票者はハッシュタグと#hometovotenoの両方を使って自分の話をツイートしました。
Charlie Marglethon-Greenfree は、「#hometovoteをオフにしてください。私のような人を殺すために投票しないでください。私たちは望ましくないかもしれませんが、それは私たちを人間より少なくするものではありません。
イギリスのロンドン・アイルランド・ユナイテッド・ライフ・フォー・ライフ(キャンペーン対象外)は、法改正に反対するアイルランド人の話をいくつか掲載した。
ドネゴール州のブレダ氏は、「アイルランドでは、乳幼児が何らかの理由で中絶された英国の中絶文化を映し出すことをアイルランドに反映させたくないので、私は第8回の貯蓄を支援する」と語った。
「毎年、イングランドとウェールズだけで毎年約185,000の流産があり、それはクロークパークの2倍以上の規模です」と同組織はダブリンの82,300人収容スタジアムについて書いています。
ダブリン出身のレベッカさんは、ロンドン・アイルランド・ユナイテッドに「女性は自分の赤ちゃんにぴったり合っているよりも、女性は価値があると思うので、投票するために家に帰る」と語った。私はこれが女性にとって最高のものだとは信じていません。女性は中絶よりも価値があると思います」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer