バスが発砲した後、カザフスタンで殺された52人

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【アルマティ(ロイター)】カザフスタン北西部のバス火災が、ロシアへの移住労働者が使ったルートで52人のウズベキスタン市民を殺害した。

バスは、ロシアのサマラ市をウズベキスタンの国境付近のカザフスタン南部のシムケントに結ぶ遠隔地のアクトベ地域の道路を走行していた。

ハンガリー製のイカロス(Ikarus)バスがどちらの方向に移動していたかは不明であったが、ウズベキスタンの労働者をロシアに輸送するためにこのルートが広く使われている。

内務省の緊急事態局は声明の中で、燃え尽きる車から逃れることができたのは5人だけだと指摘した。

大臣は、明らかな事故が午前10時30分(GMT)に起こったと述べたが、原因について詳細は述べなかった。

サイトからオンラインで投稿された写真は、バスが完全に焼けたことを示していました。ウェブ上にも掲載されたビデオ映像は、雪に覆われた大草原の真ん中にある2車線の高速道路を斜めに照らし、火の中で重い黒煙を放つことを示しました。

ウズベキスタンの外務省は声明で、ロシアの国境とアラル海のほぼ中間地点にある大使館のスタッフが、

昨年10月、カザフ運河で運行していた50台以上のウズベクを乗せたバスがロシアの列車に追いついた。その事故で17人が死亡した。

> >

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer