米国の国土安全保障は、移動車の人々を識別するために顔認識をしたい

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

米国国土安全保障省(DHS)は、旅行者が米国に出入りする際に顔をスキャンする技術を開発したいと考えています。難しい部分は?代理店は、車から出る必要のない人は誰もいなくてもやりたいと考えています。

Nextgovが最初に目撃したDHSは、2018年1月までに技術企業にシステムの提案書を提出するよう公表しました。11月14日にSilicon Valleyで “業界の日”を開催し、正確に探しています。

提案されたプログラムは、国境を越えてロボットカメラを監視することによって撮影された写真を含む米国を離れるすべての人々のデータベースを維持することを国土安全保障に認めている。DHSは、この新しい顔認識プログラムを誰もが車を出ることなく動作させたいだけでなく、旅行者がサングラスや帽子のようなものを着用していても機能することを望んでいます。DHSはまた、車を止めなくても仕事をすることを望んでいます。

米国市民のプライバシーに関する懸念はどうですか?DHSは、提案の要求でそれに触れています。

米国税関と国境保護局は、その管轄権が国境から100マイル以内のものであるとみなしているため、当然ながらアメリカ人のプライバシーに関する質問の1つは、この技術が米国内に配備されるかどうかということです。CBPは昨日の夜に送られたこの物語に対するコメント要求に答えなかった。私たちはこの記事を更新します。

ハイテク・ナンバープレート・リーダーと顔認識プログラムの間で、世界は毎日のマイノリティ・レポートのようにもっと見ています。しかし残念ながら、私たちがその映画からのすばらしい、有用な技術をすべて手に入れていないようです。ジストピアの警察官の状態を取得しているだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer