ミャンマーのロイタージャーナリストは、さらに2週間拘束された

ミャンマーで過去2週間拘束された2人のロイタージャーナリストは、水曜日にさらに2週間拘禁され、国家公式秘密法違反の疑惑が続いている。

オーン・ミート裁判官は、警察の要請でジャーナリストのWa Lone(31歳)とKyaw Soe Oo(27歳)の場合、14日の延長を許可し、その後ヤンゴンのインセイン刑務所に連れて行った。彼らは以前は警察の複合施設で拘禁されていました。

訴訟のためにミンガラドン裁判所に出頭したとき、ワロンとキョー・ソー・オーは、逮捕されて以来初めて家族と弁護士と出会うことが認められた。

2人のジャーナリストは、ロイターの西側国家の危機に関する報道に取り組んだ。国連の推定によると、ロヒンギャのイスラム教徒約655000人が武装勢力の激しい軍事的弾圧から逃げた。

12月12日に拘束され、夕食に警察当局に出席するよう求められた。情報部は「違法に情報を海外のメディアと共有する意思を持って情報を入手した」と述べ、英国の植民地時代の公式秘密法(最大14年の懲役刑)に基づいて告訴した。

2人のジャーナリストは、拘束されていないと述べた。

ワロン氏は聴聞会後、「状況は大丈夫だ」と述べた。

「間違ったことは一度もしなかったので、できる限り最善を尽くす」と述べた。「我々は決してメディア法や倫理に違反していない。私たちは引き続き最善を尽くします。

ロイターのスポークスパーソンは、彼らは解放されるべきだと述べた。

「これら2人のジャーナリストは、単に仕事をしているだけで、間違ったことはしていない。Wa LoneとKyaw Soe Ooが解放されるべき時だ」と広報担当者は語った。

米国、英国、カナダなど世界の主要国の政府関係者や国連の関係者らは、これまでにその釈放を求めていた。

2人のジャーナリストの出現のために数十人の記者とカメラマンがヤンゴンの北部地区の裁判所の外にいた。彼らは警察のトラックではなく、白いバンに持ち込まれ、カジュアルな服装をしていて、手錠をかけられていませんでした。

ロイター通信が保有している弁護士のザン・アウン氏は、両者はジャーナリストとしての仕事しかしていないと述べた。

“彼らはメディアとしての仕事をしながらこの告発の下で起訴されている”と彼は記者団に語った。

ヤンゴン警察署の上級職員であるMyint Htwe中佐は、「犯罪を犯したために行動した。それは裁判で解決される必要があります。

弁護士と2人のジャーナリストの家族だけが、警察と政府の弁護士とともに法廷に入ることができた。2人のジャーナリストが刑務所に連行されたので、家族は後でバンで旅行することができました。

ワロン氏の妻パン・エイ・モン氏は、ロイター通信に対し、「彼は犯罪を全くしなかったと信じている」と語った。「政府に解放を検討するよう要請したい」

Kyaw Soe Ooの姉妹であるNyo Nyo Ayeは、彼女の兄は彼女に犯行をしていないと言いました。「彼はすぐに家に帰ることができると信じている」と彼女は語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer