テイラー・スウィフト、セクハラ訴訟が始まった

歌手のテイラー・スウィフトが、現地時間7日にコロラド州デンバーの裁判所に姿を現した。

テイラーは2013年にデンバーで行ったコンサートのバックステージでラジオDJのデヴィッド・ミューラーにスカートをめくりお尻を触られたと主張。デヴィッドはテイラーの誤った主張により、仕事をクビになったとして損害賠償300万ドル(日本円で約3億3000万円)を求める訴えを起こし、テイラーもセクシャル・ハラスメントを受けたとして訴え返している。

昨年に流出し、火曜日に裁判所に示された会談の写真は 、裁判の証拠の中心的な部分となるだろう。写真はミューラーがテイラーの腰の近くの視界から消えていた。
ミューラーの弁護士は、写真は “厄介”だと言っていたが、テイラーが申し立てたようなセクハラ行為はなかった。

弁護士はミューラーが被害者であり、テイラーがそこにいた別の男性と彼を混同しているかもしれないと示唆した。

これからどうなっていくのか、気になるところである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer